本文へスキップ

第24回(一社)日本有病者歯科医療学会総会・学術集会
The 24th Annual Meeting of Japanese Society of Dentistry for Medically Compromised Patient

開催概要・プログラム

開催概要

○○○○○○○○イメージ
会   期: 平成27年(2015年)3月20日(金)~3月22日(日)
会   場: 旭川市大雪クリスタルホール(〒070-8003 旭川市神楽3条7丁目)
大 会 長: 松田 光悦(旭川医科大学医学部歯科口腔外科学講座 教授)
副大会長 : 三戸 知史(社団法人 旭川歯科医師会 会長)
テ ー マ: 「有病者歯科医療の新たなる展開」‐高齢化社会における医療連携の強化を目指して‐
学会事務局: 旭川医科大学医学部 歯科口腔外科学講座
〒078-8510 旭川市緑が丘東2-1-1-1
準備委員長:吉田 将亜
E-mail:jsdmcp24@asahikawa-med.ac.jp
事務局: 事務局担当:谷 和俊・岡 久美子・千葉 晃代
TEL.0166-68-2270 FAX.0166-68-2267


○○○○○○○○イメージ

「プログラム」 1日目(3月21日)  2日目(3月22日)

企画:特別講演:「超高齢社会とメンタルヘルス」
       旭川医科大学精神医学講座 教授 千葉 茂先生

   理事長講演:「新たな有病者歯科医療体制の構築について
          ‐本学会が果たすべき役割について‐」     
       日本有病者歯科医療学会 理事長 今井 裕先生

   基調講演:「医療連携を阻む内外的要因とそれへの対応
         ‐歯科医師は超高齢社会での自分らの存在価値を
                    認識しているか‐」
       北海道歯科医師会会長 日本歯科医師会副会長
                       冨野 晃先生

   教育講演:「知っておきたい糖尿病治療の光と影」
       旭川医科大学 内科学講座 代謝内科学分野 
                  講師 安孫子 亜津子先生

   教育講演:「まるわかり!抗血栓薬はどこがどうちがう?」
       旭川医科大学 臨床検査医学講座 教授 藤井 聡先生

   指定講演:「科学的根拠に基づく抗血栓療法患者の抜歯に関する
                ガイドライン2010年版の改定」
       獨協医科大学 歯科口腔外科学講座 
                  教授 川又 均先生
   指定講演:「新規抗凝固剤投与下における抜歯の安全性に関する
                 多施設共同試験」
       神奈川歯科大学 顎顔面外科学講座 
                  講師 岩渕 博史先生
   
シンポジウム1:「かかりつけ歯科医との医療連携を強化するために」
シンポジウム2:「BRONJ stageⅡは保存療法か外科療法か」
シンポジウム3:「周術期口腔管理の標準化について」
シンポジウム4:「心・循環器疾患:最近の治療と治療上の注意」 

学術教育研修会:「認知症患者における歯科的問題点と治療上の注意」


歯科衛生士セッション:3月22日(日) 10時から
テーマ「食べられる口の支援 口腔ケアでの多職種連帯」
 口演「食べられる口の支援 口腔ケアでの多職種連帯」
          山梨県歯科衛生士会  牛山 京子先生
 口演「施設・在宅での口腔ケア」
          旭川歯科衛生士会   斎藤 美香先生
 口演「血液がんの周術期口腔管理」
          札幌北楡病院     原田 晴子先生
 ディスカッション、まとめ



一般口演/ポスター発表
    発表日時はこちらのリンクからご確認ください


ランチョンセミナー

AHA-BLSコース:3月22日(日)
ICD認定講習会:3月22日(日)


理事会・代議員会・各種委員会・役員懇親会

○○○○○○○○イメージ

3月20日(金) 当日の予定はこちらのリンクからご確認ください

場所:理事会・代議員会・各種委員会:旭川大雪クリスタルホール 
   役員懇親会:旭川グランドホテル
   


○○○○○○○○イメージ

「会員懇親会」

3月21日(土)

場所:旭川大雪地ビール館


バナースペース

第24回 日本有病者歯科医療学会総会・学術大会事務局

〒078-8510
北海道旭川市緑ヶ丘東2-1-1-1

TEL 0166-68-2270
FAX 0166-68-2267
e-mail
jsdmcp24@asahikawa-med.ac.jp

l>